2010年04月20日

『これなら読める 龍馬からの手紙』斎藤 孝



−命は露のようなもので、先のことはわからない。(姪へ)

齋藤孝『龍馬の手紙』.jpg


筆マメ龍馬の残した多くの手紙の中から、女性に宛てた文をピックアップし、オリジナルの写真の後にわかりやすく現代語を載せています。
オリジナルはすべて京都国立博物館に所蔵されているとのこと。

こみいった仕事の描かれたものは一切無く、ただ龍馬の性格が表れたものばかりがチョイスされています。
大らかで無邪気で明るい彼が、文面から見えてきて、彼を身近に感じられます。

ただ、この本からは、龍馬が日本中を移動して回った仕事の内容が一切わからないため、彼についてしっかり前知識を持った人でないと、特に大きな感慨は湧かなさそうです。

女性読者をターゲットにしている本だなあと思いました。100ページにも満たない薄い本なので、女性宛ての手紙だけでなく、もっと多くの手紙を紹介して、バラエティ豊かな資料にしてもよかったように思いました。
posted by Lily at 14:08| 文学研究・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MindMapテスト「うさぎとかめ」

初めてPC作図してみたMindMapです。
クリックで拡大します。

うさぎとかめ.jpg
posted by Lily at 14:04| 童話・伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。