2010年05月27日

『夢をかなえる時間術』伊藤 真

夢をかなえる時間術

伊藤 真
サンマーク出版


−時間とは「人生の生き方」そのものだ。(p206)

時間術.jpg


時間がいつも足りない、うまく使えていないという自覚があるので、手に取ってみた本。
よくある、自己啓発本のひとつかと思いましたが、実現不可能な理想を説くこともなく、過剰に読者を鼓舞することもなく、わかりやすく時間の捉え方の変更について説明してくれるので、(自分にも取り入れられそう)という安心感とともに読み進めることができました。

作者は合格率の高さを誇る司法試験塾のカリスマ塾長とのこと。納得です。ただ、この猛烈に活躍している人は、睡眠時間が一日3、4時間で足りるそうなので、やはり並の人ではない、スーパーマンとして見なくては、と思いました。

<引用>
人は皆、取り戻せない時間の苦しみや悲しみを背負っている。だからこそ、前に進もうと思うし、人に対する優しさをもつことができるのだろう。p80

時間は、取り戻せないからこそ価値がある。

「過去」は「未来」によって、いくらでも意味をつけられる。過去の評価は、これから未来を作る今の自分が決めればいい。過ぎてみれば、すべてに意味があったように未来を変えていけばいいのだ。p81

ポジティブに発想を変えれば、どんなことでも役立つし、意味のある時間に変えることができる。
posted by Lily at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。