2010年04月20日

『最後のパレード』中村 克

最後のパレード

最後のパレード
中村克
サンクチュアリパプリッシング


−ディズニーランドに一歩足を踏み入れたとたん、ふだんよりも人に対してやさしい気持ちになれる。多くの方がそうおっしゃってくださいます。じつは入り口にいるキャストがゲスト一人ひとりに魔法をかけているのです。“目を見て・ニッコリ・こんにちは”たったそれだけの、簡単な魔法です。その魔法が、誰もが持っている純真無垢なやさしい気持ちを呼び覚まします。(p77)

中村克『最後のパレード』.jpg

横浜読書会(リーラボ)での推薦本。
盗作疑惑により、出版停止(廃版)になった本なので、書店にはなく、古本屋で見つけました。

最初の「天国のお子様ランチ」の話から、既に涙腺がゆるくなりましたが、この話自体に盗作疑惑がかかっているそうな。
最後の「娘のいないテーブル」と、かなりシチュエーションが近く、一緒の話で締めているのかと思いました。

TDLを訪れた人が、そこで働くキャストから受けた、いろいろな親切な出来事が綴られています。
どれも心温まる話で、夢の国であり続けるための教育方針の徹底ぶりが、ちゃんと形になっていることがわかります。

老若男女、いろいろな人がディズニーランドでハッピーな気持ちになっていることがわかり、まだ行ったことがない両親を、私も今度連れて行きたいと、強く思いました。

ただ、徹頭徹尾、TDLのスタッフ教育成果を広く伝えようとする内容なので、ここまで自社礼賛的なのであれば、薄い冊子にして園内で無料配布してもいいのでは?と思いました。

この本を読んだら、誰でも心が温かくなり、幸せな思いをしにディズニーランドに行きたくなるので、特にTDL好きの人には必読の本だと思います。
やはり、出版という形で利潤を目指さず、園内無料配布を私は推します。
周り回って、TDLを訪れる人は増え、全体の利潤につながるでしょうから。
posted by Lily at 14:10| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。