2010年06月29日

『戦国武将の脳−乱世を勝ちぬくブレインパワー』津本陽・板倉徹



戦国武将は一瞬にして相手の力量を察知する直観力を持っていた、また鍛えていたといえます。さもないと戦国の厳しい時代を乗り越えることができませんからね。(p246)

戦国武将の脳.jpg


> More...
posted by Lily at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

『戦国時代の大誤解』鈴木眞哉


<引用>
なにごとにも正しい答えが必ずあるというのは、択一式試験の話であって、生の歴史の世界に通用するものではない。(p205)

戦国時代の大誤解.jpg


学校で習った歴史事項は、その全てが真実だと思っていましたが、これまでの歴史の全てが明らかになっているわけではなく、少しの資料と伝説による推測にすぎません。
研究を進めるうちに、いろいろな新しい発見があり、これまでの通説の間違いが明確になったりします。
この本は、誰もが知っている歴史上の人物や事柄のエピソードについて、通説と実際との違いを教えてくれます。

いつの世も、歴史作家は、事実に脚色を混ぜて、ドラマチックでおもしろい話に仕上げますが、それがいつしか真実にすりかえられていることも多々あるようです。
あとは、戦の勝者が、自分に都合のいいようにすべての話を塗り替えてしまったり。
特に神様になった徳川家康のことは、誰も悪くは書けないので、歪みが生じてしまいます。

歴史は、過ぎた時の記録ですが、脚色された伝説や解釈の違いが入るため、全ての人にとっての真実を残すことはとても難しいことなんだと思いました。
私たちの生きるこの時代も、未来にはどんな風に受け止められるのか、誰にもわかりませんね。

信長の「是非もなし」のセリフの意味の新解釈を教えてもらえて、スッキリしました。
posted by Lily at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

『江戸にぞっこん』菊地ひと美



<引用>
歌舞伎で見る江戸の人々は、とても魅力的。いくじをはる粋な芸者。芸者に惚れられるちょっと悪なやさ男。しっとりと粋な存在の茶屋のおかみ。そして遊び上手、貫録十分の旦那たち。腹芸を見せる武士の世界。(p7)

江戸にぞっこん.jpg


江戸時代の文化や町民庶民の暮らしぶりをきれいなイラストつきで紹介してくれる本。
わかりやすく、江戸時代に親しみが持てます。
江戸時代と一口に言っても長い期間があり、TV時代劇に登場する江戸時代とは、文政・文化時代の風俗が反映されているものなのだそう。

著者の江戸への思い入れが伝わってくる本ですが、この時代の遊女や貧者たちの哀れな境遇、治安の悪さなどといったネガティブ面には全く焦点が当てられていません。
きれいなところだけをすくった、乙女の夢のような本だと思います。
posted by Lily at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。