2010年06月29日

『戦国武将の脳−乱世を勝ちぬくブレインパワー』津本陽・板倉徹



戦国武将は一瞬にして相手の力量を察知する直観力を持っていた、また鍛えていたといえます。さもないと戦国の厳しい時代を乗り越えることができませんからね。(p246)

戦国武将の脳.jpg


> More...
posted by Lily at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

『アースダイバー』中沢新一

アースダイバー

中沢 新一
講談社


物事の真の意味はずっと後になって、全体の結果がすっかりできあがったとき、はじめてあきらかになる。(p228)

アースダイバー.jpg

> More...
posted by Lily at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域研究・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

『戦国時代の大誤解』鈴木眞哉


<引用>
なにごとにも正しい答えが必ずあるというのは、択一式試験の話であって、生の歴史の世界に通用するものではない。(p205)

戦国時代の大誤解.jpg


学校で習った歴史事項は、その全てが真実だと思っていましたが、これまでの歴史の全てが明らかになっているわけではなく、少しの資料と伝説による推測にすぎません。
研究を進めるうちに、いろいろな新しい発見があり、これまでの通説の間違いが明確になったりします。
この本は、誰もが知っている歴史上の人物や事柄のエピソードについて、通説と実際との違いを教えてくれます。

いつの世も、歴史作家は、事実に脚色を混ぜて、ドラマチックでおもしろい話に仕上げますが、それがいつしか真実にすりかえられていることも多々あるようです。
あとは、戦の勝者が、自分に都合のいいようにすべての話を塗り替えてしまったり。
特に神様になった徳川家康のことは、誰も悪くは書けないので、歪みが生じてしまいます。

歴史は、過ぎた時の記録ですが、脚色された伝説や解釈の違いが入るため、全ての人にとっての真実を残すことはとても難しいことなんだと思いました。
私たちの生きるこの時代も、未来にはどんな風に受け止められるのか、誰にもわかりませんね。

信長の「是非もなし」のセリフの意味の新解釈を教えてもらえて、スッキリしました。
posted by Lily at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

『猫のつもりが虎』丸谷才一

猫のつもりが虎

丸谷 才一
マガジンハウス

<引用>
夕方、どこかで誰かが『ロンドンデリーの唄』をハモニカで吹いているのを聞いたような気持ちになる。やるせなくて、胸がキュンとする。

猫のつもりが.jpg


丸谷才一のエッセイ集。軽妙洒脱な語り口で短くまとめられているので、とても読みやすいです。いろいろなことに対する柔軟な好奇心と、深いうんちくにひきつけられます。

ベルトの用途が時代で変わってきたとは知りませんでした。また、女優グレタ・ガルボの男性説には笑ってしまいました。あの煙るような銀幕の向こうの大御所をつかまえて、なんということでしょう。
冬にロシアに行ったら、ぜひアイスクリームを食べてみようと思います。
posted by Lily at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ・対談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

『マインドマップ読書術』トニー・ブザン

マインドマップ読書術 (トニー・ブザン天才養成講座)

トニー・ブザン
ディスカヴァー・トゥエンティワン


−脳の働きに対するわたしの強い興味は、生涯をかけた情熱に変わった。

mm.jpg


マインドマップで読書ノートを取り始めている私ですが、正しい描き方がまだよくわかっていないため、この本を読んで参考にしようと思いました。

ところが、驚いたことに内容は「本を読んだ後にマインドマップを描いてまとめる」というものではなく、完全に速読術のハウツー本で、どの辺りがマインドマップにつながっていくんだろう?と首をひねりながら読んでいきました。
マインドマップは、効果的な記憶法という点で、速読に関連しており、著者トニー・ブザンは、マインドマップのほかに「ブザン式速読法」として速読術のセミナーを多数開いているとのことです。

どちらかというと熟読派の私には、これまであまり速読に興味は持っていませんでしたが、文学作品ではなく、単なる情報収集のためと割り切った読書の時には、利用価値が高そうなやり方です。

ジグソーパズル式読書法は、言い得て妙だと思いました。
posted by Lily at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。