2010年06月01日

『決断力』羽生善治



−決断とリスクはワンセットである。(p9)

habu.jpg


若くして将棋の名人タイトルを勝ち取った天才、羽生さんは、どんなことを考えているんだろうと気になって、読んでみた本。

タイトルに合わせて、将棋、そしてビジネスでの勝負時での決断についてまとめています。
勝負の世界は結果だけを問われるなによりも厳しい場所で、そこの一番として君臨し続けることは並みたいていの精神力ではとても耐えられないと思いますが、そんな不安定な局面にいながらも、常に静かな雰囲気を漂わせている彼。

この本にも、彼のまじめな人柄がみられる、丁寧できちんとした考え方が見えて、常に冷静さを忘れない落ち着いた名人ならではの本だと思います。
対戦相手やほかのフィールドでの有名人など、誰のことを書くにしても、相手に丁重に敬意を払っていることが文面から見えて、(本当に頭が良い人は、決して人を下に見ないものなんだ)と感じました。

彼のような頭脳の人でも、聞かれて返答に窮したという「臨済宗と真言宗」の違い。私も説明できません!勉強しなくちゃ。

<引用>
・追い詰められた場所にこそ、大きな飛躍があるのだ。9ページ

・決断とリスクはワンセットである。

・どの世界においても、大切なのは実力を持続することである。そのためにモチベーションを持ち続けられる。地位や肩書は、その結果としてあとについてくるものだ。逆に考えてしまうと、どこかで行き詰ったり、いつか迷路にはまりこんでしまうのではないだろうか。195ページ

・一つのことに打ち込んで続けるには、好きだということが根幹だが、そういう努力をしている人の側にいると、自然といい影響が受けられるだろう。さらに、ペースを落としてでも続けることだ。 172ページ
posted by Lily at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 思想・宗教・人生論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

『ザ・マインドマップ』トニー・ブザン

ザ・マインドマップ

トニー・ブザン バリー・ブザン
ダイヤモンド社


−人間の脳は、感覚的な面と知的な技術が協力し合えば、より効果的で効率的に働くということに気づいた。

マインドマップ.jpg


目下、見よう見まねでマインド・マップを作成していますが、正解も間違いもないものだけに、自分の作るものが本当にマインド・マップと言えるものなのかわからなくなったため、元となるブサンのこの本を読んでみました。

「感覚的にまとめる方法」と、かなり軽い気持ちでいましたが、本には、そもそもの成り立ちから、様々な場面での応用例までが細かく描かれており、大きく体系づけられていることを知りました。
書いてあることはどれも正しいと思いますが、あまりに細に渡ってマインドマップの利点が語られているため、礼賛本のような印象も受けます。

この本を読んでも、やはり正解はない作業なんだとわかりました。
ピカソやダ・ヴィンチ、ニュートンやアインシュタイン、ミケランジェロにベートーヴェン、ダーウィンなど、歴史的な偉人のノートが紹介されていたコーナーが楽しかったです。マインドマップとはいかないまでも、それぞれに図を交えたメモが描かれていました。
posted by Lily at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

『いい仕事ができる人の考え方』村山 昇

いい仕事ができる人の考え方

村山 昇
ディスカヴァー・トゥエンティワン


−人間は、意欲し創造することによってのみ幸福である。(アラン『幸福論』)

いい仕事.jpg


去年の3月刊とわりと新しく、今の経済危機に揺らぐ社会人の不安定な状況を踏まえながら書かれた本です。

全章Q&A方式を取っているため、ノウハウ的にわかりやすいものになっています。
また、著名人の名言や警句、たとえ話が随所にちりばめられており、納得感が強められます。

字の大きさを変えたり太字にしたり、まとめは点線で囲ったりと、軽くパラパラめくるだけでも頭に入りやすいようになっています。

巻末の参考文献も結構な数の資料が掲載されており、いろいろな本を参考にしたことがわかります。
やはり大切なのは、気持ちの持ちようだということでした。
著者のことは全く知りませんでしたが、面白く読めた一冊でした。

<引用>
幸福だから笑うわけではない。笑うから幸福なのだ。 (アラン『幸福論』)
posted by Lily at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

『夢をかなえる時間術』伊藤 真

夢をかなえる時間術

伊藤 真
サンマーク出版


−時間とは「人生の生き方」そのものだ。(p206)

時間術.jpg


時間がいつも足りない、うまく使えていないという自覚があるので、手に取ってみた本。
よくある、自己啓発本のひとつかと思いましたが、実現不可能な理想を説くこともなく、過剰に読者を鼓舞することもなく、わかりやすく時間の捉え方の変更について説明してくれるので、(自分にも取り入れられそう)という安心感とともに読み進めることができました。

作者は合格率の高さを誇る司法試験塾のカリスマ塾長とのこと。納得です。ただ、この猛烈に活躍している人は、睡眠時間が一日3、4時間で足りるそうなので、やはり並の人ではない、スーパーマンとして見なくては、と思いました。

<引用>
人は皆、取り戻せない時間の苦しみや悲しみを背負っている。だからこそ、前に進もうと思うし、人に対する優しさをもつことができるのだろう。p80

時間は、取り戻せないからこそ価値がある。

「過去」は「未来」によって、いくらでも意味をつけられる。過去の評価は、これから未来を作る今の自分が決めればいい。過ぎてみれば、すべてに意味があったように未来を変えていけばいいのだ。p81

ポジティブに発想を変えれば、どんなことでも役立つし、意味のある時間に変えることができる。
posted by Lily at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学・自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

『NHKスペシャル MEGAQUAKE 巨大地震』



私達が今できることをせずに、誰かに同じ悲しみを背追わせてはいけないのだ。

MEGAQUAKE.jpg


「NHKスペシャル」で放映されたものに、取材クルーの話がついた本。
私たちは、どうしても一番近々に起こった大地震の爪痕の記憶を追いがちですが、地球が存在してから、巨大地震はなんども繰り返し起こってきました。
過去の巨大地震の記録も含めて、知識を深め、近い将来起こりうる地震への構えの姿勢を持つことが肝要だと教えてもらいました。

写真や映像がたくさん取り入れられています。プレートなどの映像化不可能のものを、CGを駆使してわかりやすく紹介しているので、図解的に頭に入りました。
絶望したくなってきますが、心構えを持つことが一番大切です。
帯にも「この揺れる惑星に生きる覚悟を与える」と書かれていました。
温故知新。数百年、数千年前の先人たちの知恵も参考にしながら、来るべき災害への対策を取っていきたいものです。

帯に「この本の2010年度の売り上げの一部はハイチ地震の復興支援に使われます」と書かれていました。本を読むことで知識が深まり、被災地への協力もできるとは、一石二鳥です。
posted by Lily at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。